成年後見のホームページ特集

成年後見制度を利用する場合、所定の書類を用意して、管轄する家庭裁判所に成年後見人選任の申立てをすることになります。
成年後見の申立てに必要な書類は多岐に渡り膨大ですので準備に手間が掛かる手続きです。
また、成年後見人に就任した場合には、毎年裁判所に業務について報告をしますが、こちらもこのような手続きに慣れていない方には面倒な作業かもしれません。

成年後見の申立について、上記のように書類が多岐に及び時間が非常に掛る分野ですので申立てをサポートしてくれる専門家に相談するメリットは多くございます。また、中には成年後見人に就任されている方向けに裁判所への提出書類の作成をサポートしてくれる専門家もいらっしゃいます。

成年後見手続きの大まかな流れ

事前準備

 

家庭裁判所へ申立て

 

家庭裁判所の調査・審理

 

審判

申立書に記載された成年後見人(保佐人、補助人)候補者が選任されることが多いですが、家庭裁判所の判断によって弁護士、司法書士等が選任されることもあります

審判の告知・通知

 

法定後見開始

成年後見に関係性の高い専門家を紹介します!